2010年06月16日

事故被害者の父、裁判員を経験=「判断する立場、怖くなった」−千葉地裁(時事通信)

 安易に死刑を求めた自分が恥ずかしい―。千葉地裁で10日、放火事件の裁判員裁判で判決があった。裁判員を務めた男性は、判決後の記者会見で身内が交通事故の被害者になった経験を明かし、「怒りだけで死刑を求めた(当時の)自分が非常に恥ずかしい」と語った。
 男性は同県八街市の団体職員新見準さん(54)。新見さんの長女(29)は2008年12月、東京都内でタンクローリーにはねられる事故に遭った。運転手は業務上過失傷害罪で起訴され、昨年春、禁固2年を言い渡されたが、新見さんは「検察官に、被告を死刑にしてくれるよう頼んだ」という。
 新見さんは今回の事件で裁判員に選ばれ、事件の被害者から「死刑にしてほしい」などと厳罰を望まれる立場に。会見で新見さんは「自分が判断する立場になり怖くなった。安易に死刑を求めたのは間違いだった」と振り返り、「裁判員を経験したおかげでこの考えを持てた。多くの人が裁判員を経験すべきだ」と述べた。
 新見さんは、今年1月に千葉県浦安市内の自宅アパートに火を付けたとして、現住建造物等放火罪に問われた無職石渡一成被告(42)の裁判員裁判で裁判員を務めた。堀田真也裁判長は、石渡被告に懲役5年(求刑懲役8年)を言い渡した。 

【関連ニュース】
〔特集〕裁判員制度 スタート1年
【特集】裁判員制度
【特集】取り調べ可視化の行方
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
元夫の自宅に放火=容疑の32歳女を逮捕

割引拡大で高速料金収入減=首都、阪神など3社―10年3月期決算(時事通信)
国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
【社説検証】菅内閣発足 国家戦略を求めた産・読 小沢氏の責任追及に濃淡(産経新聞)
「学校でいじめない」=中3首つり死亡で区教委―東京・練馬(時事通信)
2億超か、山梨の強盗供述=窃盗容疑逮捕の男ら―警視庁(時事通信)
posted by アイカワ タケオ at 17:45| Comment(17) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

「あかつき」打ち上げ最終準備 H2A、発射台へ再び移動(産経新聞)

 日本初の金星探査機「あかつき」を搭載した国産大型ロケット「H2A」17号機が20日、種子島宇宙センター(鹿児島県)の発射台まで再び移動した。宇宙航空研究開発機構や三菱重工業などは21日午前6時58分22秒の打ち上げを目指し、最終準備を行っている。

 17号機は当初予定されていた18日の打ち上げが天候不順で延期されたため、発射台から同センター内の大型ロケット組立棟へ引き返していた。20日に再び姿を現した17号機は台車に乗せられ、人が歩く程度の速度で約500メートル離れた発射台まで移動した。

 21日は天候に問題がないとみられ、今後17号機のタンクに液体燃料が注入される予定。17号機はあかつきのほか、小型ソーラー電力セイル実証機「イカロス」など計5基の小型衛星も搭載している。

【関連記事】
「初音ミクを金星へ」 「あかつき」にイラスト掲載へ 金星探査機「あかつき」打ち上げ延期
「あかつき」あす打ち上げ 宇宙ヨット「イカロス」も金星へ
早稲田など3大学相乗り小型衛星 5月「あかつき」で打ち上げ
日本初の金星探査機「あかつき」の機体が完成 JAXAが報道公開
中国が優等生路線に?

乳児虐待の男を再逮捕=妻にも暴行、傷害容疑−福岡県警(時事通信)
首相動静(5月16日)(時事通信)
首相動静(5月16日)(時事通信)
校舎屋上から煙、見れば中2がバーベキュー(読売新聞)
赤旗配布 元厚労省職員2審も有罪 東京高裁「罰則は合憲」(産経新聞)
posted by アイカワ タケオ at 18:07| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

<市民後見人>支援・養成の自治体7% 取り組みに差(毎日新聞)

 認知症の高齢者や知的・精神障害者を支える「市民後見人」の養成や支援を行っている自治体が全体の約7%にとどまっていることが日本弁護士連合会の調査で分かった。今年4月で開始10年を迎えた成年後見制度には、社会全体で高齢者らを支援していこうとの理念があるが、自治体間で取り組みに大きな差が生じている。【伊藤一郎】

 成年後見制度では、家庭裁判所が親族のほか司法書士、弁護士などの専門家を後見人に選ぶことが多い。一方で、身寄りがなく高額な財産管理を必要としないようなケースでは、身近な市民が継続的に見守るべきだとの考え方から、市民後見人が想定されてきた。

 日弁連は昨年12月〜今年1月、都道府県を通じて全市区町村にアンケートを実施。回答した366自治体のうち市民後見人について「養成、支援や啓発事業を行っている」としたのは24自治体だけだった。「実施していない」と回答したのは342自治体で、「現段階でニーズが感じられない」(54自治体)との理由が最多だった。

 厚生労働省や最高裁家庭局によると、全国の認知症患者は推計約200万人、知的・精神障害者は約130万人に上り、昨年末現在の成年後見制度の利用者は、全体でも約13万人しかいない。

 日弁連高齢者・障害者の権利に関する委員会の橋本治子弁護士は「ニーズがないわけではない。自治体の姿勢には、予算や人材不足を理由とした腰の重さを感じる」と話す。

 成年後見人全体に占める市民後見人の割合は、日本の場合、わずか1%程度。92年に制度を導入した先進地ドイツでは15%に達している。

 日本の先進地・東京都世田谷区は06年度から「区民成年後見人養成研修」を実施している。09年度までに51人が研修を終え、24人が実際に後見人に選任された。

 研修を経て、80代の男女の後見人を務める元会社員の伊豆康夫さん(67)は「お世話する方に『ありがとう』と言われたり、笑顔を見たりするとやりがいを実感する。市民後見は、親族より冷静に、専門家よりきめ細かくケアできる」と話す。

 制度に詳しい新井誠・筑波大法科大学院教授は「法律に自治体の責務が明記されていないため、取り組みに格差が生じている。地域福祉の観点から当然制度の普及に努めるべきだ。専用の相談窓口をつくるなど利用者の潜在的ニーズをすくい上げ、市民後見人の養成に積極的に取り組んでいく必要がある」と指摘している。

 ◇ことば 成年後見制度

 禁治産制度に代わる制度として00年4月にスタートした。本人の判断能力に応じて「後見」「保佐」「補助」の3種類があり、本人に代わって財産管理や介護施設への入所手続きなどを行う。市民後見人は資格不要で、希望者が自治体の研修で法律や実務などを学ぶ。家裁は自治体の推薦を受けて市民後見人を選任し、監督も行う。報酬は申し立てがあった場合に家裁が本人の財産状況に応じて決定する。

演奏家宅からコントラバスなど5300万円相当盗まれる 東京・三鷹(産経新聞)
<岡田以蔵>初の命日祭、高知の墓前で 人斬り以蔵、思い伝えたい 「龍馬伝」でファン増(毎日新聞)
生きていた鳩山首相に強い味方が登場(産経新聞)
7日午後に徳之島3町長と会談=鳩山首相(時事通信)
揺さぶられ症候群で重傷、父親に有罪判決(読売新聞)
posted by アイカワ タケオ at 08:25| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。